Логотип МобиГаз

HI-IN
技術

Технология Hi-In

この技術を使って、ビレットに最低限の用件で追う規模ライナーの製造ができる。

HI-IN 技術 (HI-Independence) 複合技術で、シリンダーのライナーを非熱硬化アルミニウム・マグネシウム合金のビレットを同時りょうそくホットプレッスによって製造する。

この技術を使って、ビレットに最低限の用件で追う規模名ライナーの製造ができる。製品の高速製造で製造時間とコストを最小限におさえる。

MOBIGAS MGS の金属複合シリンダのーライナーを製造するためにアルミニウム・マグネシウム合金野ベレットを使用する。

シリンダーの“ベース”を製造するのに玄武岩ロービング、ガラス繊維又カスタマーの要求で炭層繊維を使用する。

ライナーの破断試験でHI-IN技術の信頼性を確認した:ライナーの破断が145atmより高い圧力で円筒面にそって発生した。

利点及び特徴

安全性



シリンダーの破裂圧力が運転圧力より2.6倍以上です。シリンダーの破裂際時、断片化の効果がないため隣りのシリンダー、コンテナと隣りのスタッフへのリスクが最低限になる。

容積



HC(High-Cube)-タイプスタンダードコンテナの中に世界の容積の最大量である。コネナスペースの最適な利用で、類似のシステムと比較して同じサイズで一回輸送で圧縮ガスをもっと大量二移動させることが出来る。

マルチモダリチ



MOBIGAS MGS はスタンダードコテナの寸法に対応するため、自動車、鉄道、海上、河川また航空のユニバサルシステムとして使用されることができる。

セミトレーラの入ったコテナの全体の高さ及びその体重指標(重量と車両の軸上)がロシアと国際的な用件に対応する。

コスト



類似のシステムに比較して、MOBIGAS MGS とその高圧合金製シリンダーの“コスト・容積”比が最高です。

環境適合性



MOBIGAS MGS をメタニンフラスツラクチャに集落のガス化、ボイルー室を燃料油、オイル、ヂジェル燃料油と天然ガスに転送することで、1,000m3のメタンあたり1,000石油換算で代用することが出来る。燃料油の代わりに天然ガスを使用した場合、環境への有害物質の排出が酸化炭素約2-3倍、窒素酸化物2倍、炭化水素3倍、スモキニス9倍ぐらい減少して、すすの発生がない。

システムの安全性
Hi-In технологии

HI-IN
技術

Технология Hi-In

HI-IN 技術 (HI-Independence) 複合技術で、シリンダーのライナーを非熱硬化アルミニウム・マグネシウム合金のビレットを同時りょうそくホットプレッスによって製造する。

この技術を使って、ビレットに最低限の用件で追う規模名ライナーの製造ができる。製品の高速製造で製造時間とコストを最小限におさえる。

MOBIGAS MGS の金属複合シリンダのーライナーを製造するためにアルミニウム・マグネシウム合金野ベレットを使用する。

シリンダーの“ベース”を製造するのに玄武岩ロービング、ガラス繊維又カスタマーの要求で炭層繊維を使用する。

ライナーの破断試験でHI-IN技術の信頼性を確認した:ライナーの破断が138atmより高い圧力で円筒面にそって発生した。

利点及び特徴

安全性



シリンダーの破裂圧力が運転圧力より2.6倍以上です。シリンダーの破裂際時、断片化の効果がないため隣りのシリンダー、コンテナと隣りのスタッフへのリスクが最低限になる。

容積



HC(High-Cube)-タイプスタンダードコンテナの中に世界の容積の最大量である。コネナスペースの最適な利用で、類似のシステムと比較して同じサイズで一回輸送で圧縮ガスをもっと大量二移動させることが出来る。

Безопасность Системы

マルチモダリチ



MOBIGAS MGS はスタンダードコテナの寸法に対応するため、自動車、鉄道、海上、河川また航空のユニバサルシステムとして使用されることができる。

セミトレーラの入ったコテナの全体の高さ及びその体重指標(重量と車両の軸上)がロシアと国際的な用件に対応する。

コスト



類似のシステムに比較して、MOBIGAS MGS とその高圧合金製シリンダーの“コスト・容積”比が最高です。

環境適合性



MOBIGAS MGS をメタニンフラスツラクチャに集落のガス化、ボイルー室を燃料油、オイル、ヂジェル燃料油と天然ガスに転送することで、1,000m3のメタンあたり1,000石油換算で代用することが出来る。燃料油の代わりに天然ガスを使用した場合、環境への有害物質の排出が酸化炭素約2-3倍、窒素酸化物2倍、炭化水素3倍、スモキニス9倍ぐらい減少して、すすの発生がない。

Hi-In технологии

Hi-In
技術

HI-IN 技術 (HI-Independence) 複合技術で、シリンダーのライナーを非熱硬化アルミニウム・マグネシウム合金のビレットを同時りょうそくホットプレッスによって製造する。

この技術を使って、ビレットに最低限の用件で追う規模名ライナーの製造ができる。製品の高速製造で製造時間とコストを最小限におさえる。

MOBIGAS MGS の金属複合シリンダのーライナーを製造するためにアルミニウム・マグネシウム合金野ベレットを使用する。

Технология Hi-In

シリンダーの“ベース”を製造するのに玄武岩ロービング、ガラス繊維又カスタマーの要求で炭層繊維を使用する。

ライナーの破断試験でHI-IN技術の信頼性を確認した:ライナーの破断が138atmより高い圧力で円筒面にそって発生した。

利点及び特徴

安全性



シリンダーの破裂圧力が運転圧力より2.6倍以上です。シリンダーの破裂際時、断片化の効果がないため隣りのシリンダー、コンテナと隣りのスタッフへのリスクが最低限になる。

容積



HC(High-Cube)-タイプスタンダードコンテナの中に世界の容積の最大量である。コネナスペースの最適な利用で、類似のシステムと比較して同じサイズで一回輸送で圧縮ガスをもっと大量二移動させることが出来る。

マルチモダリチ



MOBIGAS MGS はスタンダードコテナの寸法に対応するため、自動車、鉄道、海上、河川また航空のユニバサルシステムとして使用されることができる。

セミトレーラの入ったコテナの全体の高さ及びその体重指標(重量と車両の軸上)がロシアと国際的な用件に対応する。

コスト



類似のシステムに比較して、MOBIGAS MGS とその高圧合金製シリンダーの“コスト・容積”比が最高です。

環境適合性



MOBIGAS MGS をメタニンフラスツラクチャに集落のガス化、ボイルー室を燃料油、オイル、ヂジェル燃料油と天然ガスに転送することで、1,000m3のメタンあたり1,000石油換算で代用することが出来る。燃料油の代わりに天然ガスを使用した場合、環境への有害物質の排出が酸化炭素約2-3倍、窒素酸化物2倍、炭化水素3倍、スモキニス9倍ぐらい減少して、すすの発生がない。

バイメタルシリンダー

該損の機械で他のサイズのシリンダーを製造することが可能です。このようなシリンダーは、圧縮ガスの輸送及び貯蔵用のモバイルガスストーレジ、それにガスモータ、消化システム、軍事や宇宙産業に使用されるものである。

シリンダーサイズ*
金属複合 シリンダー
運転圧力(15°C) 250 atm
油圧ボリュウーム(15°C) 400l
メタン容量 120m3
シリンダー重量 250 Kg
シリンダーサイズ 505 x 2650mm
使用出来るガス: メタン、空気、酸化炭素、窒素、不活性ガス
*シリンダーのサイズが設計中に変更できる

コンタクト情報

191023サンクトペテルブルク市,ネフスキアベニュー、62A

(812) 313-32-49

サイトマップ
このページノ上部へ このページノ上部へ